【肩こりの方におすすめ】整形外科医が考案した山田朱織枕研究所のセミオーダーメイド枕

山田朱織枕研究所のセミオーダーメイド枕
目次

首肩こり対策は枕より先にコリをほぐす

こんにちは。

肩こりがひどい方に「どんな枕を使えばよいのか」とよく質問されます。

私はアメリカンフットボールで頸椎を傷めた経験があります。鍼灸治療院で施術をしていただきましたが初めのうちは枕が合わず苦痛でした。しかし何度か通い頚椎症が改善してくると枕の存在も気にならなくなっていきました。

そのような経験から、『首肩こりを改善しないかぎりどんな枕を使っても合わない』という結論に至りました。枕放浪者といわれているしょっちゅう枕を交換している方は、まず先に鍼灸指圧で首肩こりを改善してみてはいかがでしょうか?

枕と睡眠分野を専門とする整形外科

当院では16号整形外科(神奈川県相模原市中央区高根1-3-7)の山田朱織先生が開発したドクターズピローをお勧めしています。

靴は5mm単位で自分のサイズを決めています。毎晩 首を支えている枕は自分に合った高さに調節しているでしょうか。医学的研究と臨床経験の中で生まれた山田朱織枕研究所の計測方法は、あなたにジャストフィットする、5mmを調整してくれます。

その昔、先生の診察を受け作ってもらうには2年待ちだったので、著書で紹介されている山田理論を元に東急ハンズ池袋店4階で素材を購入し自作していました。現在は枕の製作は山田朱織研究所に移したようで待ち時間も少なくなったようです。

オーダーメイド枕の山田朱織枕研究所 山田朱織枕研究所は、整形外科医である山田朱織が開発したオーダーメイドの整形外科枕を提供しています。正しい睡眠姿勢は、肩こり、首の痛み、手のしびれ、頭痛、いびき、…

現在、私が使っているのは『整形外科医 山田朱織の枕 Doctor’s Pillow DX』という商品で志木駅の旭屋書店で購入しました。

サイズは横400㎜×縦250㎜×高さ55~85㎜となっています。自作品は横500㎜×縦250㎜だったので一回り小さくなりました。入門用としては最適ですが現在使っている枕が50cmから60㎝あるのであれば思い切って上位モデルを購入することをお勧めします。

もしこの枕を使っても肩こりが良くならない場合、頸椎や腰椎のゆがみが原因です。また東洋医学では「肩こり万病の元」と言われていますので1週間に1度3ヵ月の施術を受けてみてください。特に左肩こりが激しい場合は要注意です。先日も心膜炎と診断されたという患者さんに聞いたら「左肩が痛かった」と言っていました。

枕カバーにもこだわろう

アクリル・ポリエステルの枕カバーやシーツはプラス電気を帯びホコリを吸着させてしまいます。寝返りのたびにホコリが舞いアレルギーの原因になってしまう場合があります。寝具には天然素材100%の製品を選びたいところです。私は無印良品のリネンを使っていますが、メンタルやられの方は 大 麻 素材の製品を選ぶと良い効果が得られるはずです。

まとめ

いろいろなタイプの枕が売っていてどれを購入してよいのか迷ってしまいますが、本当にひどい肩こりは首肩の凝り、頸椎のゆがみ、内臓の不調からきている場合もあります。放置せずお近くの鍼灸指圧院に相談されてみてはいかがでしょうか。

またあれこれ購入して後悔するぐらいなら、初めから専門家に相談し、自分に合ったセミオーダーメイドの枕を使うべきだと思います。

追記

2年ぶりに来院された患者さんが「以前紹介していただいた枕で首肩こりがすっかり良くなりました」と伝えてこられました。この記事をアップしたばかりなのでタイミングよすぎてちょっと驚きました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
整形外科枕ドクターズピロー
¥19,800 (2024/02/09 18:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次